PAGE KEY IMAGE

KNOW THE GAP

オーディションで求められるモデルの素材

PAGE KEY IMAGE

KNOW
THE GAP 

オーディションで求められるモデルの素材

TOP | METHOD | AUDITIONING | TIPS1-1

知っておくと良いモデルオーディションTips1-1 | 株式会社エルグアウ

モデルオーディションTIPS(第1回)

 

株式会社エルグアウ | エルグモデルが長年のモデルキャスティング実績から、モデル事務所として本来のモデルオーディションの理解とオーディション時に効果的なウォーキング・ポージング、流行の理解、アピールポイントの組み立て方、ビジネスマナーなどを解説しています。

前のページ

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
 
 
 
 

はじめに...

世の中にはオーディション合格の秘訣とか、オーディション対策といった記事やツールがたくさんあります。
 
・ 自己アピールをしっかりしましょう!
・ 好印象をもたれる写真を送りましょう!
・ メイクと服装はナチュラル&シンプルに!
 
でも、それらはどの業界でも求められること。
大切なことは、オーディションで求められるモデルの素材が何かを知ることです。
 
私たちモデルの業界には、モデルオーディションという特別なゲートがあって、そこを通過するために何をどうすればいいのかという模索をされている人は、決して少なくないと思います。
 
エルグモデルでは、モデル事務所の募集としてオーディションを実施する他に、いわゆるクライアントからの案件を預かって、お仕事のためのオーディション(皆さんがよく見るファッションショーのオーディションなど)も多数実施しています。
年間何百という応募者を見てきて、オーディションに受かる人の素材として明確な傾向が存在します。
 
モデルのオーディションだから、「身長が高ければ・・・」「かっこよければ・・・」「美人なら・・・」「足が細くて長ければ・・・」と容姿のことばかり条件に出てくるように思いがちですが、実際はそうでもありません。
 
私たちはモデル業界という限られた世界ではありますが、このコーナーではオーディションを実施するモデル事務所及びキャスティング事務所として、そのノウハウやNGとなるアクションなどを下記のテーマで紹介しています。
 
 
ご紹介する内容の殆どは、弊社に限らず通常のモデル事務所であれば共通して言えることとなります。
モデルのオーディション全般に関する業界の共通認識としてご理解されることをおすすめします。

PAGE THEME
  1. オーディションの意味目的の理解
    (事務所オーディションと仕事オーディション)

  2. 効果的なエントリーの仕方

  3. 私たちの考える第一印象
    (モデルとしての自己アピール)

  4. 初心者こそ受かるポイント
    (基本はやはりウォーキング)
    (オーディション中の得点ポイント)

1. オーディションの目的を知ろう!

(序説)

モデル事務所のオーディションと、お仕事を取るためのオーディションはその意味も目的も全く異なります。
まずは、そのモデル事務所がどういうモデルを求めてオーディションを実施しているのか、事務所オーディションの目的と意味を理解しましょう。


 
容姿以前のお話として、事務所のオーディションでまず求められる素材の第1番目が何なのかを知っておきましょう。
それは「お仕事の意識」です。
 
モデル事務所に所属するということは、普通のアルバイトとは少し異なります。
一般の求人サイトにはモデル短期アルバイトとか、時給○○円のモデルバイトといった募集広告が見られますが、私たちモデル事務所の人間から見ると、少し違和感を感じます。
 
モデルをアルバイトの一貫と考えてしまう感覚では、なかなか良いお仕事に巡る会えないかもしれません。
私たちの業界は、どちらかと言うと労働力を提供するというよりも、クライアントのスタッフと時間を共有することで、それぞれの感性や技術がマーケットの注目を浴びるようなクリエイティブな作品として作り上げられることにコミットがあります。
単にカメラの前に立ってポーズを取る、もしくはランウェイを歩くことだけがモデルの仕事ではありません。
マーケットの注目を浴びる広告媒体であれば、それがどういう表現方法であろうと、私たちは挑戦してみようと考えます。
それゆえ、時間給とか就業時間といった一般のお仕事で通用する概念だけでは回らない現場もあります。
事実、良い仕事をすることで得られる満足感や達成感にモデルやスタッフはやりがいを感じているんです。
もちろんモデルを守るための就業時間やギャランティーの設定はありますが、モデル側にもある程度の自由が効くと喜ばれます。
 
モデルのお仕事は単純労働の提供ではないため、時間給で捉えるよりは、モデルの仕事自体にやりがいや魅力を感じている人達に向いている業界なのかもしれません。
 
もう一つの求められるお仕事の意識・・・
それは自らアクションが起こせる人。

 
もし、その事務所の所属となった場合には、お仕事のオーディションに関しても、その理解を深めておくと良いでしょう。
所属後にお仕事に繋げるいわゆる「モデルオーディション」でも、求められるモデルの素材があります。
 
事務所からは、クライアントのオファーに対してその要求に対応できるモデルをまずはピックアップします。
全ての所属モデルにオーディション案件が振られるわけではありません。
では、どういうモデルがオーディション情報を受け取ることができるのでしょうか?
 
1. マネージメントに適したモデル
2. 一定のキャリアがあるモデル
3. クライアント評価が高いモデル
4. 積極的なモデル
5. レスポンスの早いモデル
6. クライアントの容姿条件を満たしているモデル
 


次回はこれらを順番に解説していきます。
ご期待ください。
 

前のページ

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
PAGE THEME
  1. オーディションの意味目的の理解
    (事務所オーディションと仕事オーディション)

  2. 効果的なエントリーの仕方

  3. 私たちの考える第一印象
    (モデルとしての自己アピール)

  4. 初心者こそ受かるポイント
    (基本はやはりウォーキング)
    (オーディション中の得点ポイント)
ERGMODEL