PAGE KEY IMAGE

KNOW THE GAP

オーディションに受かる人・受からない人

PAGE KEY IMAGE

KNOW
THE GAP

オーディションに受かる人・受からない人

TOP | METHOD | AUDITIONING | TIPS1-2

知っておくと良いモデルオーディションTips1-2 | 株式会社エルグアウ

モデルオーディションTIPS(第2回)

 

株式会社エルグアウ | エルグモデルが長年のモデルキャスティング実施実績から、モデル事務所として本来のモデルオーディションの理解とオーディション時に効果的なウォーキング・ポージング、流行の理解、アピールポイントの組み立て方、ビジネスマナーなどを解説しています。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

1. オーディションの意味目的の理解

(前編)

このコーナーでは「どういうモデルが優先的にオーディション情報を受け取ることができるのか」、これを理解することの重要性をお話しています。
 
1. マネージメントしやすいモデル
2. 過去に一定のキャリアがあるモデル
3. クライアントうけが良いモデル
4. 積極的なモデル
5. レスポンスの早いモデル
6. 事務所の意向を理解してくれるモデル
7. クライアントの容姿条件を十分満たしているモデル
8. 一定の時間融通が効くモデル
 
第2回目となる今回はその前編(1〜5)の解説です。
是非、参考にしてください。
 

第1回からお読みになりたい方はこちら


 

1. マネージメントしやすいモデル

モデル事務所のマネージャも人間ですから、自分がマネージメントするモデルはやはり自分と反りが合うモデルが良いと思うはずでしょう。
あえて、「この子使いにくいなぁ・・・」と思わせるモデルをマネージャーが自分の営業の最前線でクライアントに提案することはありません。
モデル自身も事務所内での行動や、スタッフとのコミュニケーションをしっかりとって、良い関係性をつくることを心がける必要があります。
 
一つ一つのお仕事を大切にしていく上で、現場では常に事務所の看板を背負って仕事をしているんだと言う自覚と責任がモデルには必要です。
 
 

2. 過去に一定のキャリアがあるモデル

キャリアがあることは、お仕事のオーディションでも有利に評価されますし、なによりも事務所もクライアントも安心してそのモデルを起用することができます。
遅刻や挨拶ができないなどの社会人としてのNG行動も無く、必要十分なスキルで現場をこなし、後日クライアントからお褒めの言葉を頂くようなモデルであれば、事務所も自社の顔としてそのモデルを強くプッシュして営業を行うでしょう。
 
このようなキャリアを積むためにも、前述の通り一つ一つのお仕事を大切にこなして行くことが重要です。
いきなり最初からビックコレクションや全国CMなどの大きな仕事は渡してもらえませんが、そうでない仕事にもたくさんのチャンスや大きな仕事に繋がるきっかけが潜んでいることを忘れないでおきましょう。
 
 

3. クライアントうけが良いモデル

クライアントうけがいいとは、どう言うことでしょうか?
単純に容姿や技術がクライアントの要求するものを満たしているということだけではありません。
現場ではモデルとスタッフ(カメラマン・ヘアメイク・スタイリスト・衣装・照明・音響・映像技術・広報など)がチームとなってお仕事(作品)を作り上げていきます。
その中で大切になってくることは、やはりそれぞれの人間性です。
 
特に現場ではモデルはこのチームの中心で動くことが多いため、ともすると自分のためにスタッフが動いていると勘違いをしてしまいがちです。
モデルもその他のスタッフと同様、その仕事のプロフェッショナルの一人に過ぎません。
そう言う謙虚な気持ちで仕事を進めて行けば、自然と会話のニュアンスや空気を読むといった気遣いと気配りもできるようになっていくはずです。
へり下る必要はありませんが、お互いプロであるという自負と相手に対する敬意をもって、挨拶・礼儀・コミュニケーションを深めていきましょう。
 
 

4. 積極的なモデル 

どんな会社であっても、積極的にアクションを取る人は高い評価を得るものです。
事務所がオーディションにキャストしたいと思うモデルの特徴はこんなところにも現れます。
 
 特に用事がなくても事務所に定期的に顔を出して、常に現在の自分の状況(体型・髪型・肌コンディションなど)を確認してもらうモデル。

※ コンポジと異なった状態でオーディションに参加することは、クライアントにも失礼であり、クレームの対象となります。

 事務所が何を求めてあなたをその仕事にキャストしたかを考えてオーディションに挑むモデル。 
 そのオーディションにあった服装・髪型・メイクを事前にマネージャーと相談し、可能ならクライアントの情報や、オファーされている仕事の内容も入手し理解した上で様々な準備ができるモデル。
 
このような事前準備がいつもできているモデルは、事務所内の評価も高くなり、よりたくさんの案件を振ってもらえると言っても過言ではありません。
逆に、以下のようなモデルにはオーディションの声かけは少なくなります。
 
 事務所に指示されたからオーディションに向かうモデル、いわゆる「言われたので来ました・・・」的な受け身なタイプ。
 事務所から求められた時だけ、事務所に顔出しをするモデル。(最近の状況が掴みづらいモデル)
 オーディションも仕事の一貫だと言う意識が低いモデル。
 オーディションの内容を理解しないで、自分の好きな服装・靴で参加するモデル。
 オーディション後の連絡や報告・感想などを事務所に伝えないモデル。

※ たとえ、そのオーディションに合格しなかったとしても、それはそのモデルのスキル不足やオーディションマナーなどに起因します。仕事はもらえて当たり前とは思わず、オーディションまでの段取りを組んでくれた事務所やマネージャーへの感謝の気持ちは大切です。1つの案件を取るために、その事務所が費やした営業努力や事務作業の労力を念頭においてお仕事を大切にしていきましょう。

 
 

5. レスポンスの早いモデル

モデル事務所では、一つの仕事(案件)に対して数回から十数回のやり取り(電話連絡・事務手続き・経理など)をクライアントとモデルの両方の間で行います。
 
・ モデルにオーディション案件を伝達し、クライアントが指定する期限までにメンバーを集計する。
・ クライアント提出のコンポジ写真と比べて、現在の体型サイズや容姿に変更がないかを確認する。
・ クライアントにエントリーする自社モデルを連絡する。
・ 追加提出が必要なモデルの現状写真(コンポジ)を揃える。
・ 仕事決定に際しての最終スケジュールを確定する。
・ お仕事の詳細確認(受信確認)をする。
・ 当日の朝にモデル現場入りの連絡をする。
・ SNS掲載の可否を連絡する。
 
もちろん、事務所ではこのようなやり取りがあなた以外の複数の案件で同時進行しています。
マネージメントをミスすることなく、クライアントに迷惑をかけることなくスムーズに進めてお仕事に繋げていくためには、まずは自社モデルからの迅速なレスポンスが重要な要素となります。 
事務所から連絡を受けた場合、当日もしくは翌日までの24時間以内の返信がモデル業界では原則となります。
2-3日後に返信してくる、もしくは事務所から催促をしないと返信が来ないようなモデルはマネージメントの対象外となっていくでしょう。
 
所属事務所のマネージメントに支障となるようなことがないよう、自分に求められている連絡作業はできるだけ優先して対応するように心がけてください。
  


次回は後編(6〜8)の解説です。
お楽しみに!
 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
PAGE THEME
  1. オーディションの意味目的の理解
    (事務所オーディションと仕事オーディション)

  2. 好まれるエントリーの仕方

  3. 私たちの考える第一印象
    (モデルとしての適度な自己アピール)

  4. 初心者らしからぬ振舞い
    (基本はやはりウォーキング)
    (オーディション中の振る舞い)

  5. オーディション後のこれはNG!
ERGMODEL