PAGE KEY IMAGE

KNOW THE GAP

オーディションで求められるモデルの素材

PAGE KEY IMAGE

KNOW
THE GAP

オーディションで求められるモデルの素材

TOP | METHOD | AUDITIONING | TIPS1-3

知っておくと良いモデルオーディションTips1-3 | 株式会社エルグアウ

モデルオーディションTIPS(第3回)

 

株式会社エルグアウ | エルグモデルが長年のモデルキャスティング実施実績から、モデル事務所として本来のモデルオーディションの理解とオーディション時に効果的なウォーキング・ポージング、流行の理解、アピールポイントの組み立て方、ビジネスマナーなどを解説しています。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
 
 
 
 

1. オーディションの目的を知ろう!

(後編)

このコーナーでは「どういうモデルがオーディション情報をより多く受け取ることができるのか」、これを理解することの重要性をお話しています。
 
1. マネージメントに適したモデル
2. 一定のキャリアがあるモデル
3. クライアント評価が高いモデル
4. 積極的なモデル
5. レスポンスの早いモデル
6. クライアントの容姿条件を満たしているモデル
 
第3回目となる今回はその後編(4〜6)の解説です。
 

第1回からお読みになりたい方はこちら


 

4. 積極的なモデル 

どんな会社であっても、積極的にアクションを取る人は高い評価を得るものです。
事務所がオーディションにキャストしたいと思うモデルの特徴はこんなところにも現れます。
 
 事務所にはできる範囲で構わないので、定期的に顔を出して現在の自分の状況(体型・髪型・肌コンディションなど)を確認してもらいましょう。

※ コンポジと異なった状態でオーディションに参加することは、クライアントにも失礼であり、クレームの対象となります。マネージャーに今の自分を把握してもらっていることはリアルタイムでお仕事に繋がります。

 事務所が何を求めてあなたをその仕事にキャストしたかを把握してオーディションに挑みましょう。 
 そのオーディションにあった服装・髪型・メイクを事前にマネージャーと相談しておくと良いでしょう

※ 可能ならクライアントの情報や、オファーされている仕事の内容も入手し理解した上で様々な準備をしましょう。

 
このような事前準備がいつもできているモデルは、事務所内の評価も高くなり、確実によりたくさんのお仕事を振ってもらえるはずです。
 
 

5. レスポンスの早いモデル

モデル事務所では、一つの仕事(案件)に対して、数回から十数回のやり取り(電話連絡・事務手続き・経理など)をクライアントとモデルの両方の間で行います。
 
・ モデルにオーディション案件を伝達し、期限までにメンバー集計をする。
・ クライアント提出のコンポジ写真と比べて、モデルの容姿に変更がないかを確認する。
・ クライアントにエントリーする自社モデルを連絡する。
・ 追加提出が必要なモデルの現状写真(コンポジ)を揃える。
・ 仕事決定に際しての最終スケジュールを確定する。
・ お仕事の詳細確認(受信確認)をする。
・ 当日の朝にモデル現場入りの連絡をする。
 
もちろん、事務所ではこのようなやり取りが複数の案件で同時進行しています。
マネージメントでミスすることなく、クライアントに迷惑をかけることなくスムーズに進めてお仕事に繋げていくためには、まずは自社モデルからの迅速なレスポンスが重要となります。 
事務所から連絡を受けた場合、モデルは当日もしくは翌日までに返信することが望ましいです。
2-3日後の返信、もしくは事務所から催促をしないと返信が来ないようであれば、マネージメントが難しいという印象を与えてしまいます。
 
所属事務所のマネージメントに支障となることがないよう、自分に求められている連絡作業はできるだけ優先して対応するようにしたいですね。
 
 

6. クライアントの容姿条件を満たしているモデル 

オーディション時にクライアントから提示される条件には、ギャランティー・スケジュール・キャリアの他に、容姿に関するものが含まれます。
それはクライアントにとって必要最低限の条件であって、合格条件ではありません。
多くのオーディションでは、その条件を上回るモデルたちもたくさん集まります。
初めてのオーディションでは、そのレベルの高さに自信をなくしてしまうこともあるでしょう。
元々そう言った容姿に恵まれているモデルもいれば、努力でその容姿を勝ち取ったモデルもいます。
この業界で求められるのは結果です。
プロセスにこだわる必要はありません。
あなたがもしそう考えられる人なら、そのオーディションをきっかけに自分を変えていく前向きな信念と努力が大切です。

 
[事務所のレッスンで変えられるもの]
もし、あなたがO脚で悩んでいるのであれば、それは解決可能な問題です。
O脚自体を矯正することは難しくても、O脚に見せない歩き方はモデルのウォーキングレッスンなどで改善が可能です。
笑顔がナチュラルに作れない人も、私たちがよく使うコツを掴めば自然とカメラ前で素敵な笑顔を出せるかもしれません。
事務所の各種レッスンには、そのモデルをクライアントニーズに対応させるための様々なヒントが山のようにあります。
レッスンは受けなければいけないのではなく、受けないと損をすると考えるほうがスマートですね。
 
[あなたの生活で変えるもの]
自分の生活を「モデルの生活」にシフトすることが大切です。
・ ファッションセンスを磨く。
・ ナチュラルメイクを心がける。
・ 肌荒れに注意する。
・ ダイエット(体に良い食事)の勉強をする
・ 偏ったヘアスタイル、過度なネイルは止める
 


次回のテーマは、いよいよ「理想的なエントリーの仕方」です。
具体的なアクションについて解説していきます。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
PAGE THEME
  1. オーディションの意味目的の理解
    (事務所オーディションと仕事オーディション)

  2. 効果的なエントリーの仕方

  3. 私たちの考える第一印象
    (モデルとしての自己アピール)

  4. 初心者こそ受かるポイント
    (基本はやはりウォーキング)
    (オーディション中の得点ポイント)
ERGMODEL