PAGE KEY IMAGE

ENTRY POINT

効果的なエントリー

PAGE KEY IMAGE

ENTRY POINT

効果的なエントリー

TOP | METHOD | AUDITIONING | TIPS2-1

知っておくと良いモデルオーディションTips2-1 | 株式会社エルグアウ

モデルオーディションTIPS(第4回)

 

株式会社エルグアウ | エルグモデルが長年のモデルキャスティング実施実績から、モデル事務所として本来のモデルオーディションの理解とオーディション時に効果的なウォーキング・ポージング、流行の理解、アピールポイントの組み立て方、ビジネスマナーなどを解説しています。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
 
 
 
 

2. 効果的なエントリーの仕方

(前編)

前回までは「オーディションの意味目的を知ろう!」として、どういうモデルがオーディション情報を受け取ることができるのかを解説してきました。
第4回となる今回は2つ目のテーマ、「効果的なエントリーの仕方(前編)」のお話です。
ここからオーディションは始まっていると考えましょう。
 

第1回からお読みになりたい方はこちら


 
エルグモデルにも年間1000件を超えるモデル応募があります。
できる限り多くの方に平等なチャンスを提供したいと考え返信をしていますが、その中にはせっかくの素材なのに残念な応募も見られます。

※ 残念な応募とは、その応募に対する通常返信が難しい状況を意味します。

このコーナーでは、事務所オーディションにおいて、エントリーの初期段階からチャンスを逃さないよう、気をつけておきたいポイントをお話していきます。
 
事務所ごとにオーディションで確認しておきたいポイントは異なります。
例えば、撮影案件が中心の事務所であれば、応募写真に重点を置いてチェックするでしょうし、ショーやコレクションが多い事務所は身長制限があり、且つ 全身が収まった写真(ロングカット)が必要とされます。
当たり前のことですが、モデルに応募する方は、そのモデル事務所が用意したフォーマットに沿って求められる情報を伝える必要があります。
でも、それができなくて、せっかくのチャンスを逃してしまう人が少なくありません。
 
モデル応募に際しての最初のアクションであるエントリー(募集フォームからの送信)は、ご本人と直接対面してお話を聞くわけではないので、その応募の内容が全ての判断基準となります。
同時に、あなたの印象はこの時点である程度決定されてしまいます。
 
あなたが望む良い結果に繋げてもらえるように、ここからはオーディションエントリー時の大切なポイントを解説していきます。
 
 

スマートなエントリー

1. 過不足なく各項目を記入しましょう。
モデル事務所の用意するエントリーフォーム(オーディション申込フォーム)には、その事務所がモデルを起用する際に最低限必要な情報の提供をお願いしています。
その最低限必要な項目には過不足なく記入して送信しましょう。
また、送信前に十分再読して、記入漏れ・誤字脱字・アドレス記入間違いなどがないかを確認して送信しましょう。

 
過不足なく記入すると言いました。
エントリーの段階で、過剰な自己アピールはおすすめしません。
ご自身のキャリアや、友達の評価、エントリーに対する意気込みなど、たくさんのアピール文を記入されて送信したい気持ちは理解できますが、多くのモデル事務所では、これらをオーディション当日に応募者本人から聞きたいを思っています。
私たちにモデル事務所にとってまず必要なことは、本人の容姿を見させてもらうことです。
事務所があなたに興味を持って、その人の情報をもっと知りたいとなった段階でアピールしたいことがあれば伝えるとして、エントリーの段階では特に必要ありません。
過度な自己アピールによって事務所側に過度な期待値を持たせてしまうことは逆効果です。
必要なことだけに対応した記入のスタイルが、一番スマートに受け止めてもらえると考えて良いでしょう。

ポイント : エントリーの送信は単なるオーディション日の予約と考える。

 
 
2. コメント欄には一言加筆すると好印象!(必須項目でなくても)
何でもそうですが、一言あるのとないのでは大きく印象が違います。
「モデル経験はありませんが、よろしくお願いします。」など、美辞麗句でなくても大丈夫なので、自分なりの言葉で簡単な挨拶文を入れると担当者の印象は格段に良くなり、オーディション時にもスムーズに段取りが進むはずです。
 
 
3. 送信する写真には配慮しましょう。
わざわざ街中の写真スタジオに出向いて、オーディション用の写真を取る必要はありません。
モデル事務所は、その人を自社モデルとして採用した場合には、事務所で改めて後日撮影を行いますので、この時点でお金をかけた「オーディション用写真」の提出を求められることはありません。
モデル業界では、この業界で通用する写真の撮り方(後述)があります。
また、多くの事務所は新人モデルの募集としてモデルを募集していますので、キャリアモデルを意識したような高度な写真は求めていません。
オーディションの段階では、あなたの素敵な表情と全身のバランスが解る簡易の撮影で十分です。
自宅の廊下で撮影したようなものでも全く問題ありません。

※ モデル事務所以外のタレント系事務所などではプロのスタジオで撮影した「オーディション用写真」が効果的な場合もあります。

 
〜写真審査でNGとならない写真の撮り方〜
 
a ) 正面を向いた写真が必要です。
顔も全身も証明写真に近いアングルで結構なので、正面を向いた写真を撮ってください。
斜に構えたり、大げさなポーズ、笑いすぎの笑顔は控えましょう。
 
b ) 体のラインがある程度分かる服装で撮影しましょう。
ワイドパンツやチュニックのようなトップスでは、その人の体型が分かりづらくなります。
 
c ) 加工画像はNG!
あえてアプリを使って肌を綺麗に修正したり、目を拡大したような加工画像は受付けてもらえません。
膨大な数の写真を見ているモデル事務所は、ある意味写真のプロです。
加工写真・盛り過ぎの写真はくれぐれも送らないようにしましょう(^^)!
 
 
 
ここまでは、「スマートなエントリー」についてお話してきました。
実は事務所にはこれに反して事務所が返信に困惑するエントリーもあります。
もしかして、あなたも同じ様なことをしていないでしょうか?
何気に行った行動が、あなたの評価を下げてしまっているかも。

 


次回は「効果的なエントリーの仕方(中編)」のお話です。
これまでは「スマートなエントリー」のあれこれをお話しましたが、一方で「事務所が返信に困ってしまうエントリー」についても知っておくと良いでしょう。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
PAGE THEME
  1. オーディションの意味目的の理解
    (事務所オーディションと仕事オーディション)

  2. 効果的なエントリーの仕方

  3. 私たちの考える第一印象
    (モデルとしての自己アピール)

  4. 初心者こそ受かるポイント
    (基本はやはりウォーキング)
    (オーディション中の得点ポイント)
ERGMODEL