PAGE KEY IMAGE

ENTRY POINT

効果的なエントリー

PAGE KEY IMAGE

ENTRY POINT

効果的なエントリー

TOP | METHOD | AUDITIONING | TIPS2-3

知っておくと良いモデルオーディションTips2-2 | 株式会社エルグアウ

モデルオーディションTIPS(第6回)

 

株式会社エルグアウ | エルグモデルが長年のモデルキャスティング実施実績から、モデル事務所として本来のモデルオーディションの理解とオーディション時に効果的なウォーキング・ポージング、流行の理解、アピールポイントの組み立て方、ビジネスマナーなどを解説しています。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
次のページ
 
 
 
 

2. 効果的なエントリーの仕方

(後編)

ここまではオーディション時の「効果的なエントリーの仕方」についてお話をしてきました。(前編中編
前回は「スマートなエントリー」がある一方で「事務所が返信に困ってしまうエントリー(1〜3)」があることを解説してきました。
第6回はこのテーマ最後の回(後編)です。
残りの4〜5の項目について見ていきましょう。

 

第1回からお読みになりたい方はこちら


  

事務所が返信に困ってしまうエントリー

4. 過去に応募したことを忘れて再応募
関西・大阪にも2桁に及ぶモデル事務所があります。
あなたがもし、過去に応募したことがあり、その事務所からは残念ながら縁をもらえなかった場合、その事務所は覚えておきましょう。

 
一旦不合格となっても、その後に様々な努力を重ねて変化したあなたを見て、事務所が再度オーディションのチャンスを提供することもあります。
気持ちを切り替え、他の事務所のオーディションに挑戦する、もしくは時間を空け、その間に自分をもっと磨いて再挑戦するのも良いかもしれません。
「また機会がありましたら、よろしくお願い致します。」などのコメントを返信して、良い印象を残すようにしましょう。

 
自分が応募した事務所は、その日付とやり取りしたメールを残しておくなどの“管理”が大切です。
むやみやたらとエントリーするのではなく、オーディションには計画的に挑むことがとても重要ですね。
 
5. 現在、他のモデル事務所に所属している人
応募の段階で他のモデル事務所に所属しているけどエントリーが可能かとお問い合わせ頂きます。
エルグモデルにも一定の割合で、事務所移籍のエントリーがありますが、原則としてモデルはマネージメントの問題や各種権利関係から複数事務所との契約はできません。
そのため、もし移籍を考えてエントリーする際は、現在所属している事務所のとの契約書面を再度よく見直して行動する必要があります。
安易に行動を起こしてしまうことで、受け入れる側のモデル事務所にも迷惑をかけてしまうこともあります。

 
弊社エルグモデルのオーディションでは、
・ モデル業界の様々な情報
他のモデル事務所との違い
・ 本来のファッションモデルの姿
ネットランキングの考え方
など、プロのモデルになるための様々な業界情報を約1時間かけて参加者にお伝えしています。
この中で、事務所移籍に関わるお話も出来ますので、そのような状況の方は、事前に相談頂ければ、お力になれるかもしれません。
より深い「モデル事務所の理解」が得られ、あなたの判断の大きなサポートになると考えます。

  
 
このようにオーディションのエントリーにはモデル業界に特徴的な「Dos & Don'ts」があります。
そして、ここで作られた印象は当然オーディション当日の面接にも響いてきます。
繰り返しになりますが、ここからオーディションは始まっていると考えて、アクションを起こして行きましょう。

 


次回は実際のオーディションでの印象作りのお話です。
いざオーディションとなった時にも同じく「Dos & Don'ts」が存在します。
つまり、好まれる印象作りに効果的なことは何かを考えていきます。

次回がこのコーナーの折り返しポイントです。
頑張って完読してくださいね。

 

次回に続く
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
次のページ
PAGE THEME
  1. オーディションの意味目的の理解
    (事務所オーディションと仕事オーディション)

  2. 効果的なエントリーの仕方

  3. 私たちの考える第一印象
    (モデルとしての自己アピール)

  4. 初心者こそ受かるポイント
    (基本はやはりウォーキング)
    (オーディション中の得点ポイント)
ERGMODEL