印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


d_ryuichi.jpg

これからモデルを目指す人達へ…

producer Ryuichi

何故レッスンを受けた方がいいのでしょうか?

逆にレッスンを受けないでお仕事になると考えるほうが不思議です。
クライアントからのあなたの評価は素人モデルでしかありません。
素人モデルに良質なお仕事はきません。
その子がプロダクションに所属していようが、誰かの紹介であろうが関係ありません。

可愛い、カッコいいだけで売れる時代は終わりました。

モデルには一般の女性とは違う感性や表現力が必要とされ、それが良質のクライアントからの継続的なオファーを勝ち取れるキーとなります。

オーディションを勝ち抜く場合でも、他のモデルより自分は多くのスキルを持ち、キャリアが豊富であることをアピールする必要がありますが、プロモデルのレッスンを受けていないモデルは自己満足の表現しかできません。
そんな勘違いをしたモデル気取りの子たちがオーディションで落ちていく光景を山のように見てきました。

自分には、吸収し学ぶべきものがまだまだあるという謙虚な姿勢が、多くのスタッフや先輩からのチャンスを受け取る重要な素質といえます。
多くの子はモデルレッスンでポーズの取り方や歩き方を学ぶとしか考えていませんが、重要なのはモデルレッスンを通じてモデルオーラを見につけることです。

良いモデルは、その場にいるだけでモデルであることを伝えてきます。そんなモデルになるためには、そういうモデルがいる環境で指導を受け、会話をし、自分を評価してもらうことが必要です。

ビギナーズレッスンを受けるメリットはありますか?

柔軟性と、吸収力が違います。

しかし、これもまたその子の考え方によります。
上記のように、レッスンに対しての考え方が未熟であったり、軽視する姿勢では、その子がいくら新人でも結果は出ません。
スポンジのように柔軟で多くのものを吸収できる時期に、適切な指導を受けることが重要です。

また、この時期にモデルレッスンを受けることは、女性としての自己表現の観点からも、将来的に魅力的な女性を形成するのに大きな力になってくれることは間違いありません。

モデルとしての失敗談→そこからの成功秘話はありますか?

多くの失敗をしていると思いますが、殆ど記憶にありません。
それ程、この世界は面白く、魅力的だったのだと思います。

大切なことはこの業界のお仕事を楽しめるように、自分に自信を持つこと。
そうすれば、その自信はたくさんの人間を動かす影響力になります。

失敗しても取り組む姿勢が前向きで謙虚であれば、必ずまたチャンスはやってきます。
常にそう信じて自分を磨き、自信を持ち続けることを忘れないで下さい。

現場で求められる人物像や能力を教えて下さい。

既にいろいろとお話をしてきましたが、特にお仕事の現場で「こういう子ならまた使いたい…」とクライアントや演出家の人間が思う子に共通することは、『可愛げのある子』です。
可愛い子ではありません。

当然ながら一定レベル以上のスキルや経験は必要ですが、それがどのモデルもほぼ横一線であるときに評価されるのは、その子の個性であり、仕事に取り組む姿勢です。
その意味で、『可愛げのある子』つまり、可愛がられる素質を持つこと、そうあろうと努力している子が優先されることは、至って当たり前であり、この点に関しては他のどんなお仕事でも同じことが言えると思います。

これからモデルを目指す人への応援メッセージ。

学ぶこと、身に付けることは山のようにあります。
それを楽しめる目標をまず持って入校して下さい。

夢ではダメです。

明確にどういうモデルになりたいのか、どんなステージに立ちたいのか、いつまでにそうなるのか…。
夢に具体性と期限を付けたものが目標になります。

目標はパワフルです。
目標が明確であれば、今自分が取り組んでいる課題や問題が楽しめるようになります。
「漠然となりたい」から「明確になりたい」にシフトしましょう!

素敵なモデル、可能性のあるモデルになる第一歩です。

erg-Au Ryuichi